1. TOP
  2.  > 観光スポット
  3.  > 大自然と遊ぶ
  4.  > 森の学校・自然観察

森の学校・自然観察

森の学校・自然観察のイメージ

自然豊かな小海町松原湖周辺は手付かずの自然が残されているため、長野県絶滅危惧種に指定されている貴重な植物を始め、野鳥やホタルに出会うことができます。

3月中頃の福寿草や座禅草から始まって6月ツツジ群落の満開。国内有数の群落、山ノ神サラサドウダンツツジ群生地。10月上旬の野原アザミまで100種類以上の野の花々が咲いています。
松原で発見されたシナノアキギリは、シソ科の多年草で淡い黄色の花をつけます。佐久屋の南の小道にあります。
また、高山植物の宝庫といわれる八ヶ岳の登山口も、すぐ近くにあります。
八ヶ岳のお花畑へでかけてみませんか。

 

松原湖周辺は手付かずの自然が残されているため、野鳥も多く住み着いています。

 

松原湖高原の森には、巨木がたくさんあります。特に松原諏方神社上社の中には年輪を重ねた大木が、深い杜を作っています。樹齢1000年を越えるものもあります。
ハンノキ-ヌマガヤ群落は山地帯・夏緑広葉高木林。猪名湖・長湖周辺3箇所あります。
ブナ-群落は山地帯の適湿地に発達する夏緑広葉高木林。猪名湖・下社より西200メートル。2009年に松原で確認されました。
新緑は5月中旬から下旬にかけて、紅葉は10月にはいると、山の上からだんだん始まって
湖周辺は10月中旬ごろ。11月にはいってカラマツの黄金色に輝く季節を迎えてから、冬山 へと移って行きます。

 

松原湖の樹木地図

松原湖畔遊歩道には、赤松・ぶな・しなのき・つが・さわら・はんの木など奇跡的に残された巨木しげる森、自然林の散歩道です。

-八ヶ岳山麓では唯一のブナ林-

松原湖の樹木はブナ混生林で、原始の状態を残している、素晴らしい稀少なものです。
まれに見る種の多い樹林帯です。

-湖沼群-

最近、松原湖といっているのは猪名湖・長湖ですが、松原湖は平安時代のはじめ(888年)
信濃の国におきた山崩れによってできた湖沼群です。
現在は猪名湖・長湖のほかに、うずら池・おしち海が残っています。

-滅びゆく植物 「シナノアキギリ」-

シナノアキギリ(しそ科)(種)。 信濃秋桐(信濃にあり、秋に咲く桐という意味)。
サルビアの仲間ですが花は黄色です。
松原湖畔北東部で小山海太郎氏が発見し、牧野富太郎博士が命名。
学名「サルビア・コヤマエ・マキノ」
環境庁のレッドデーターブックで絶滅危惧種に指定されています。

 

ホタル

川辺を乱舞するホタルの姿に幻想世界へと引き込まれます。

 

ホタルウォッチング

2015年日程をお知らせいたします。
2015年日程:  7月11日(土)、18(土)、19日(日)
今年の最盛期は7月10日~20日
時 間:19時45分 松原湖観光案内所前集合 所要時間約1時間
*17:00以降は、案内所閉館しております。参加日の夜間連絡先 ファミリーロッジ宮本屋 0267-93-2432
対象:小海町宿泊者、別荘利用者、小海町町民
参加費:500円小学生以下無料  要予約