1. TOP
  2.  > ギャラリー創
  3.  > ギャラリーショップの作家たち
  4.  > 【陶芸】宮内修

【陶芸】宮内修

【陶芸】宮内修のイメージ

山野麗色 癒しの器シリーズ
白化粧に四季の山野草、樹木の彩色
大皿、茶碗、湯のみ、急須など日常食器

小海町高原美術館・八峰の湯
駐車場より徒歩3分
連絡先 090-2216-2173

略歴

2006年   陶芸を始め、菅原勝男氏・戸津圭一郎氏に師事
2009年     個展開催

草花・樹木・実が四季の移り変わりと共に色染めてゆく景観に
心ひかれ、器に彩色することに喜びを得るようになりました。