1. TOP
  2.  > 観光スポット
  3.  > 小海物語

小海物語

小海物語のイメージ

松原湖周辺を美しく描いた回想記 ・ 八ケ岳と富士山が喧嘩した?・ 小海のくじら
松原湖の七不思議 ・ 白駒の池命名伝説(2話)

小海の森の小人プティリッツァ


プティリッツァとは、小海の森に住んでいると言われる森の小人です。 300年以上生きていると言われる彼等は、現在の人間達が持っている感覚 (視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚)の他に、彼等のもっとも嫌う利己エネルギー (自分だけ良ければと思う心)を敏感に察知する感覚を持っているため、 豊な自然環境とあたたかい心を持った人間の住む土地にしか生きられないと言われています。私達は小海町のこのすばらしい環境を末永く維持し、あたたかい心を伝えていく
シンボルとして、プティリッツァを小海町のキャラクターにしています。

松原湖周辺を美しく描いた回想記

「のちの思いに」 辻邦生著・1999年日経新聞社発行の中に -アルカデアの夏- と題した一節がある。

   「この丘を越えると、もう目の下が稻子村です」
   「なんてきれいなところなの!」
   リスちゃんは汗を拭くのも忘れて稲葉くんにむかって叫んだ。
   「ああよかった。お気に召して。僕もここが日本で一番きれいなところだと信じているんです」

昭和30年代中ごろ、松原湖に長期滞在した時の、ひと夏の思い出を綴った回想記
「二度とかえらない青春の黄金時代を書き尽くした・・・」(佐保子夫人記)
この後(99年7月)、辻邦生は亡くなっている。

信州の大自然を愛した「辻邦生」

信州の持っていたあの素朴で静寂にみちた自然は少なくなっている。だが、それでもなお私の心を幸福感でみたのは、あの空の青さであることには変わりないのである。 -わが信州-より

昭和37,8年頃稻子にて「夏の砦」書き上げる

「夏の砦」を書き上げたのは、八ケ岳で過ごした最後の日々であった。午前中、さわやかな太陽の下で執筆にとりかかり、雄大な八ケ岳が夕日に赤く染まるのに胸を打たれながら夜を迎えた。古代的な夜の星空は私に生きる高揚 感を与えてくれた。それは決して容易な執筆ではなかったが、「書くこと」がいいようもない至福であることを、その夏、私は心底 から味わった。 -日経新聞-より

八ケ岳と富士山が喧嘩した?

大昔、見渡す限りの大平原に中、ひときは高くそびえ立つ二つの山がありました。富士山と八ケ岳です。
あるとき、富士山と八ケ岳は背の高さを競って喧嘩をはじめてしまいますが、一向に決着がつきません。
そこで、仲裁を頼まれた阿弥陀如来の提案で二つの山の頂上に桶を掛け渡し水を流すことに。
流された水は低いほうへと流れます。負けたのは富士山でした。大喜びする八ケ岳。
富士山はあまりの悔しさに桶で八ケ岳を打ちつけます。
すると八ケ岳の頂上は八つに砕け、富士山より低くなり、今の姿になっつてしまったということです。 
         
八ケ岳の民話「山の背比べ」より

小海のくじら

昔、越後の海に鯨の夫婦がいた。
好奇心おうせいなその夫婦はどこか違う所に住みたいと考えていた。
すると千曲川をさかのぼったところに「小海」というきれいな海があると聞いた。夫婦はそこを目指し川をさかのぼり始めた。
大きな流れがやがて狭くなり、浅くなり、夫婦は体をねじ曲げながら苦労してのぼりつめた。
しかし、一向に海らしきものは見あたらず、困った夫婦は近くをあるいていたお百姓さんにたずねた。
「この辺に小海という美しい海があると聞いてここまで来たんですが、そこはまだ遠いんですか?」
するとお百姓さんは笑いころげながらこう答えた。「そりゃ、ここいらの地名で海のことじゃねぇ!」
それを聞いた鯨の夫婦はしおしおと帰っていった。                                 信濃の民話「鯨の夫婦」より

松原湖の七不思議

1.浮木明神 うきみょうじん

松原湖弁天島の南に大きな浮き木があり、それはどこへ引いていっても必ず元の所へ戻ってくることから、里人は 神様の宿 れるものとしてあがめていました。

2.御神渡 おみわたり

湖面が鏡のように氷の張っているときに限る現象。浮木明神の所から下社前の三本松に渡る位置で豊凶作がうらなえる。

3.小谺岩 こだまいわ

松原湖の東岩から約20mくらいの所に大岩礁があり、上に丸い岩がのせたようになっている。
これを、こだま岩とい い湖水の減ったときに現れて見える。

4.屏風岩 びょうぶいわ

松原湖の南西すみ「うばのふところ」というところの水中に、びょうぶを立てたように切り立つ岩がある。
晴れた朝には水をすか して見るとよく見えるという。

5.神座遠の松 かざおのまつ

松原神社から御射山原へ行く途中の坂の上にあり、それは幹を広げ、鳳凰がつばさを広げたように見えることから鳳凰松
とも呼ばれた。現在は枯れて4本の幹だけが残っている。

6.星見の松 ほしみのまつ

 御射山原にあり、8月27日うまの刻にこの松の下から中天を見るといぬいの方向に昼でも星が見えるという。

7.もろはのすすき

葉の対生したすすきは、御射山原のどこかへ何時か生え、心の正しい神様の意にかなった人だけがさがし出せるという。 

白駒の池

むかし、佐久の麦草峠に、大きな屋敷をかまえて、長者がすんでいた。
長者は、たくさんの人びとをやとって、広い畑に作物をつくらせ、広い山林の手入れをさせていた。
そのやとっている一人の若者と、長者の一人娘が、いつの間にやら、深く愛し合うようになった。
「わたくし、あなたなしでは、いきていかれないわ」
「おれとても同じ、お前さんなしでは、いきていかれるもんか」

二人の仲を知った長者は、はげしくおこった。
「一人娘のお前が、やとわれ人と深い仲になるとは何事だ」
「やとわれ人のお前が、わしの一人娘に恋するとは、もってのほかじゃ」
おこりおこった長者は、若者を追いはらってしまった。
若者は、人里にはおれず、深い山の中へわけ入り、ゆくえをくらませてしまった。
娘はなげき、悲しみ、若者をさがしに山にはいろうとしたが、長者の目が光っていて、なかなか屋敷をぬけだせなかった。
苦しい、悲しい日が、幾日もつづいた。

ある秋の日、ついに娘は、長者の目をぬすんで、屋敷をでて山にわけ入った。
山は深く、広く、大木が生いしげっていて、昼でも暗く、道らしい道はなかった。
霧がたちこめ、ぶきみな鳥や獣が鳴いた。
「こんなさみしい山の中、あの人は、いったいどこにいるんだろう」
娘は若者にあいたいあまり、こわいのもわすれて、山の中をさがし歩いた。
夜は木こり小屋らしいところや岩かげで眠った。
「あの人はもう、この世にはいないにだろうか。あの世でもいい、あの人にあいたいわ」

幾日かすぎた、ある日の午後、娘は身も心もつかれはて、大木の根もとにくずおれ、つい、うとうと眠ってしまった。
その眠っている間の夢の中で、娘は若者にあった。
「おれ、白駒の池の底深くで、あなたを思い、さびしくくらしている。あなたと結ばれますよう、ただただねがっています。」
「やっとあえたわ、もう別れ別れになるにはいや」
娘がそうさけんで、かけよろうとしたとき、目がさめ、若者の姿がかききえてしまった。
「ああ夢だったのか。悲しいわ、さびしいわ」

娘が、腰をのばして起きあがると、ふしぎなことに、木々の間をぬって、一頭の白い馬が、音もたてず、ただようように、近
づいてくるではないか。

やがて、娘の前にきた白馬が、
「わたくしは、白駒の池の精。あなたのいとしい人は、わたくしの池の中の国でくらしています。あいたいでしょう。さあ、私の背にお乗りください。」
といい、娘に背を向けた。
「あの人にあえるのですか。あの人といっしょにすごせるのですか。おねがいします。」
娘が白馬の背にまたがると、白馬は、ただようように、木々の間をぬってすすんでいった。
やがて、行く手が明るくなったかと思うと、やたかに水をたたえた池がまっていた。
「この池がわたくしの池です。地底の国に居る一しい人にあいたいのですね。いってもいいですね」
「はい、いいですとも---。ねがうところです。」
娘がすかさずそういうと、白馬は、しずかにみずぎわに近づき、音もたてずに、池のなかにへすいこまれていった。
白馬と娘をすいこんだ池は、何事もなかったかのように、青く清くしずかにすみわたっていた。

「続」ふるさと 佐久の民話 大日方寛(著)より   「檪」社発行

白駒の池

八ケ岳山麓の中腹うっそうたる巨木が林立して夏でも肌寒さを覚える森林の中にぽつんと池がある。
昔八ケ岳高原に住んでいた、何不自由ない生活だったが子供に恵まれず夫婦は
ある時どうしても子供が欲しいと八ケ岳の神に祈願した。
ところが祈願が神に届いて間もなく懐胎玉のような女の子がうまれた。
この子が一人歩きするころは、ふとしたことから亡くなり父親の手で娘は美しく成人していった。
娘は気立がやさしく神様の申し子にふさわしい孝行娘ちして父親によくつくした。
やがて年頃になったころ老父が病気になり、心こめた看病にもかかわらず病気は益々悪くなるばかりだっつた。
ある日娘が看病につかれて、ウトウトしていると枕辺に二人の女神があらわれた。
そして、
「われは八ケ岳にまつられた山の神である老父の命数はすでにつきているが孝心にめでしばらく寿命をのばす。
明早朝山ろくのある一面に淡黄色の花の咲くところをみつけて養生させるがよい。
しかし願が叶った時はそこに止まって多くの病苦になやむ人々の苦難を除くよう」に告げると夢がさめた。
早速娘は淡黄色の花を探しに出かけたが見つからず困っていると突然一頭の白駒があらわれ
あとをついて来いと言うぶりをした。
あとをついて行くとやがて淡黄色をした湯花の一面に流れているところに出た。
そこで白駒は姿を消した。
ここに老父が入湯すると病気はたちまち全快したが娘は女神との誓いを守り
病に苦しむ人々のためにいつまでも止まって守護神となる決心をし家に帰らなかった。
ここに又白駒があらわれ娘は白駒にまたがって池に入り池の主となった。
白駒は女神の化身であったという。
こうした伝説があって何時か白駒の池といわれるようになったが
この池の水に婦人が面を写すときっと池の主のような美しい姿になるという。

馬越(旧北牧村)嘉永6年万担帳より抜書